« 政治家のお偉方 | トップページ | MiAU 緊急シンポに参加 »

IT業務処理統制

天気:晴れ 今日はクリスマスじゃなぁ。

さて、タイトルの話じゃが、わしの愛読ブログ(いつもいつも拝見させてもろうとります)

まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記でのPOSTされとった話なんじゃけど、

「日々の売上をコンピュータにより自動集計(計算)するという処理」がIT業務処理統制なのか、どうかという話。

なんでも

=== 引用すたーと ===

これは、せろまるさんも、ソックス担当者さんも自動化された会計処理であって、自動化された業務処理統制ではないということですね。。。
公認会計士協会から公表されて「ITに係る内部統制の枠組み」(公開草案)でも、そのように読めます。。。

ところが、最近同じく公認会計士協会から公表された「ITに係る内部統制の枠組み~自動化された業務処理統制等と全般統制~」(公開草案)では、例えば次のものが統制行為の欄に書かれていますね。。。

=== ここまで ===

という経緯を踏まえてちょっと議論してみん?という話じゃったんじゃけど、

なんじゃろうな、ぶっちゃけ言ってしまうと「自動計算」のみに焦点をあてると、そんなん統制でもなんでもないじゃろ。Excelでもできることじゃし、ExcelでSUMしたけぇってチェック機能なんてないじゃろ。

つまり、ここで言う「自動計算」というのはインプット⇒自動計算⇒アウトプット⇒コミットを含める話なんじゃなかろうか?

当然、これをプログラムで行うなら、各所にチェック機能は盛り込まれとるはず。ならばこれはIT業務処理統制であると言えるんじゃないかの?

公認会計士協会がだしとる例も、なんちゅうか微妙な気がするのぅ。

まぁ、最近は1つの事象を解決する手段はITを使ったものだけでも多種多様に存在するわけじゃし、インプットも、人が入力するのか、RFIDなんかのタグとか使って、自動で検収するのか、様々じゃな。

とりあえずわしとしては、今回のような議論をもっとやりたいのぅ。テーマを決めて、どういった前提条件ならとか、どういったプロセスならとか、そんな事をいろんな人と議論したいのぅ。楽しいじゃろうなぁ。

そこまで議論する必要があるのかと言われれば、わしはあると思う。

大事なのは一時の利益ではなく、事業継続を実現する為の体制作りじゃと思うからなんじゃけど。

株主の人らにも「2年間、利益半減します。その間に情報セキュリティ、内部統制、業務プロセスの改善を行い、今後50年闘っていける組織体制を作ります!」といえば納得してくれんかの?駄目かのぅ?

わしは今、それくらいやってくれる企業の方が将来性が見込めると思うんじゃが。やらんかったら惰性の中での改造で終わってしまう気がする、そんで落ち着いた頃にまたボロボロでるんじゃなかろうか?

根拠は「社会機能の低下」なんじゃけど、今日あった事件じゃが、バスの扉が手動操作のままにされとって児童が転落、後続のトラックに轢かれるという無残な事件。

帰りの電車の中でおばさんが「この前バスに乗ったら扉が半開きのままバスが出発した」という話をしておった真偽の程は定かではないが、そういった熟練者の減少、プロフェッショナルな人材の減少が、ここ最近ひどい気がする。

そんな中、プロフェッショナルな人材を目指し、日々歩んでいる爺がここにおるわけじゃが、実はわし、ゲートボールは全国大会で表彰されたくらいの腕前なのが自慢じゃったりする!

|

« 政治家のお偉方 | トップページ | MiAU 緊急シンポに参加 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IT業務処理統制:

« 政治家のお偉方 | トップページ | MiAU 緊急シンポに参加 »