« ダビング10 MiAUシンポ | トップページ | 倫理の欠如か、良識の無さか »

Culture First

天気:曇り  今日はちと暖かかったの

さて、久しぶりの更新じゃが、ただサボっとったわけではない。うん。

FPSゲームのオンラインバトルにハマっとっただけじゃ(ぁ

まぁ、それはさておき、「Culture first」とかいうのが発足しとるの。

まぁ、どんな団体なんかはそのへんの記事でも眺めてもらおうとして、どうもネット上では批判的な見解が目立つのぅ。

まぁ、わしも否定的な見解をもっとるんじゃが、「補償金維持」がいかんとかそういうことじゃのうて、この団体、そもそもの設立趣旨が間違っとるようなきがしてならん

=== 引用開始 ===(Internet watch)

音楽や映像などに関する28の権利者団体で構成される「デジタル私的録画問題に関する権利者会議」(以下権利者会議)は15日、「Culture First~はじめに文化ありき」の理念のもとに行動することを宣言した。今後は「文化」の価値を訴え、消費者の私的複製によって発生する権利者の経済的不利益を穴埋めする「私的録音録画補償金制度」の拡大を求める考えだ。

=== ここまで ===

まずは、なんで権利者団体?この時点でもう金の匂いがしてならん。

案の定、補償金の拡大を求めとるだけじゃしなぁ。補償金の分配は確か「文化の発展に貢献した人」から順にもらえるはずじゃなかったっけか?つまり、金持っとる人にさらに金が流れて、本当に補助が必要な人にはほとんど流れん。そして、天下ってきた元役人の退職金の3千万円に消えるわけじゃな

・・・あり得ん。

しかも、日本違法サイト協会ブログによると、

=== 引用開始 ===

これに関するプレスリリースまたはそれらに類するものは、87の権利者団体とされるJASRACやRIAJなどの公式サイトには一切存在せず

=== ここまで ===

わしも調べてみたが、うむ。ない。

この人達が言うとる「文化」とは一体なんじゃろうか?少し考えてみよう。

わしは、文化とは経済・社会情勢・技術・政治とはきってもきれん関係だと思うとる。

まず、誰かが何かを作っただけでは文化にはならん。それが世に出て人々に認知され、価値を認められて初めて芸術となり、文化の形成要素になるんじゃなかろうか。

例えば、音楽がとても好きな人がいて、人の作った音楽を聴き、やがて今までには無かったようなリズムの音楽を作曲した。そして、それを友人に聴かせた所、評判が良かったので路上で演奏してみたら多くの人が拍手を送ってくれた。

そして、お金持ちの人が偶然その演奏を聴き、たいそう気に入ってコンサート会場を提供してくれた。そして、その音楽は世の中の多くの人々に愛されるようになった。

こうして文化はできあがるんじゃなかとろうか。

この新しいモノを創造する人がその活動に専念できるように、助けとする為に補償金というものを広く一般から徴収し、分配するというのならば、納得できる。進んで提供もしようと思う。こうみえてわしは文化を愛でる趣味がある。

ところがじゃ、この団体からはそういった要素はまったく見えん。

ちらちら見えるのは「俺達がクリエイターの代表だ!ひいては文化の担い手であり、護り手だ!俺達により金が入るようにもっと!もっとぉ!」といったところかの。

文化というのは保護するようなものではない文化とはそこにあって、人々に愛され、自然と護られるものだからじゃ

そもそも、そんな風に保護せんといかんようになった原因は誰じゃ?

わしは権利者団体じゃと思う。利権を貪るばかりの連中が絡むと不当にコンテンツ料金は高くなる。例えば米国に比べて同じタイトルの日本販売値段はおよそ3倍。

高いわ!

もっと安うできるはずじゃし、安うするべき。人々に愛されなければ文化に存在意義はなく、存在意義のないものは消えるしかないんじゃからな。

わしはなるべきく積極的にDVDとか買うようにしとるが、正直経済的にも辛いものがある。

もし、今の2/3の値段なら、今の1.3倍のタイトルを買えるということ。そしてわしが友人に勧めたりすることで、それを知らなかった友人が買うかもしれん。そうやって生まれる機会もあるじゃろう。

じゃが、現状勧めたとしても、友人が買わんじゃろう。まずネットにあがっとる動画(合法・違法問わず)を観て、面白ければ続きをネット上で探すじゃろう。

DVDは高いけぇ、勧められただけの作品を買うとは思えん。

権利者団体どもは「補償金よこせ!」と叫ぶよりも、まずはそういった(企業で考えれば当然の)努力、文化を広く浸透させ、発展させる為の努力をすべきじゃろう

そのへんをサボっておいて、金だけはよこせか・・・

それで権利者代表とは笑わせるの。つまり、こんならが言う「文化」とは今まで自分たちが利権を貪り、補償金を巻き上げてきたその構造と歴史のことなんじゃろう

まぁ、それも彼らの文化ではあるがの。そんなんに金払う程酔狂ではないし、わしは馬鹿ではない。

一般消費者ももっと頭を使って考えるべきじゃな。彼らの声は天の声ではない。

民主主義においてはわしら一般大衆が最大の発言権を持っており、受身なもんしかおらんならそれは民主主義ではない。

ということでわしも、シンポジウムに参加したりして考える頭とものを視る眼を鍛えることに精進しようかの。

|

« ダビング10 MiAUシンポ | トップページ | 倫理の欠如か、良識の無さか »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502438/10007415

この記事へのトラックバック一覧です: Culture First:

« ダビング10 MiAUシンポ | トップページ | 倫理の欠如か、良識の無さか »