« ほほぅ | トップページ | taspo »

ちょっと整理してみよう

天気:晴れ  洗濯し忘れたのが悔やまれる

さて、前回書いた池田氏天羽氏の騒動じゃが、すこし論点がズレてきとるようなので、わしなりに少し整理してみようかの。

ついでにちょこっと意見でも述べてみるとするかの。

まず、事の発端は池田氏の「技術者の既得権意識 」というコメント

=== 引用開始 ===

技術者の既得権意識 (池田信夫)
2007-11-14 16:18:05
私の経験では、技術者はコスト意識なしに「いいもの」を追求する傾向が強く、既得権意識が強い。そして今回のように外部から批判されると、「素人が何をいうか」と脊髄反射する。この短い記事にたくさん集まった「はてな」のネットイナゴの反応が、それを典型的に示しています。

中でもお笑いなのは、arakik10というイナゴで、この牧野氏のサイトを引用しながら、「科学計算とWebサーバか何かを同列にイメージしている愚論」と書いている。このarakik10こと荒木圭典は、岡山理科大学の知能機械工学科の助教授で、どうせスパコンがらみの補助金で食ってるんでしょう。匿名のつもりでも、頭隠して尻隠さずで、グーグルで調べれば身元はすぐわかる。文献を引用する前に中身ぐらい読め。

=== ここまで ===

に対して天羽氏が

=== 引用開始 ===

このエントリ本文の最後の方

(*)匿名のつもりでも、きのうの記事について自分のコメントを否定するサイトにリンクを張った荒木圭典のような間抜けもいる。こういうイナゴの実名は、わかり次第、今後も公表する。

 一応証拠保全しておく。批判の範囲を超えて中傷になっているという判断が出る可能性もあるので。
 なお、論評そのものに対して「愚論」と言うのは、論評に対する評価だけれど、「間抜け」「イナゴ」は、人に対するものなので、名誉毀損は成立しうるんじゃないかな。
 ついでにいうと、上記のコメントは、池田さんの脳内「技術者」というわら人形に対して批判しているだけに見える。

 この話の発端は、あらきけいすけさんのこのエントリだと思うのだけど、最初の方に「ぼくが愚論と評したのは「目的さえ決まれば、汎用CPUをつなげば速度はいくらでも上がる。」の部分。」とある。

=== ここまで ===

と書いたわけじゃが、

なお、論評そのものに対して「愚論」と言うのは、論評に対する評価だけれど、「間抜け」「イナゴ」は、人に対するものなので、名誉毀損は成立しうるんじゃないかな。

池田氏が「事実に反する」として削除要求メールを送ったところ、そのメールが無断で公開されたようじゃな。ただし天羽氏は先の「池田信夫による名誉毀損になるかもしれない実例証拠保全」で

=== 引用開始 ===

なお、クレームがあったら手段を問わず実名で公表しますのでそのつもりで。

=== ここまで ===

と明記しており、これを理由にメールの公開は正当であると主張しとる。

それを受けて池田氏は山形大学の学長宛に書簡を送った

というのが流れじゃな。

さて、整理整理。まずは問題点

池田氏の要求

●天羽氏の「池田信夫による名誉毀損になるかもしれない実例証拠保全」は事実に反するので削除を要求

私信(メール)の公開により削除意思がないと判断、該当記事こそ名誉毀損の可能性がある

天羽氏の主張

=== 引用開始 ===(●←これはわし仕様、文中の表現等は天羽氏仕様)

●「池田信夫による名誉基礎になるかもしれない実例証拠保全」「「間抜け」「イナゴ」は、人に対するものなので、名誉毀損は成立しうるんじゃないかな。」というもので、単なる意見・論評に過ぎない。

=== ここまで ===

●メールの公開は事前に名言しており正当である

たぶん、当初はこんなとこじゃったんじゃろう。

さて、わしなりにまとめてみよう。

まずは私信(メール)の公開に関してじゃが、

わしの結論から言えば、これは天羽氏が悪いと思う。法的とかじゃなく、モラルと民主主義的にの

なぜなら、クレームは手段を問わず、実名で公表します とはどうじゃろう?これこそ典型的な言論の封殺行為になるんじゃなかろうか。良くも悪くも「匿名」は社会的立場の弱い者が強い者に対して、ハッキリと意見を言うことに役立っとる。(わしとかの)

それを「手段を問わず」「実名」で公表とはのぅ、脅しに聞こえるんじゃが。

事前に公開することを明言しとったとしてもじゃ、そのメールの内容がプライバシーなのかどうかは基本的に送った側が判断するとこじゃろう。今回は天羽氏が独断で、「秘匿性なし」と決めたようじゃが、それはおかしい。天羽氏の判断が法律の素にでもなっとらん限り、これは「俺様ルール」であり、それは社会的には通用せん

ついでに言うと、天羽氏は「大学側」に送ったことに対して、

=== 引用開始 ===

 なお、山形大学に連絡するのは自由であるが、山形大学側の見解は「教員が個人で開設したページに対する法的責任は教員個人が負う」というものである。この件で法的紛争をお望みならばどうぞご自由にといったところだが、その当事者は大学ではなく私であることをくれぐれもお忘れ無きように。

=== ここまで ===

と言っとるが、天羽氏のこのブログは「山形大学のウェブサイト上」で公開されとるものであり、「個人で開設したページ」ではないじゃろう。当然、山形大学には管理責任があり、池田氏が山形大学にメールを送った行為は正当なものじゃろう

さて、本題の天羽氏の記事に関する事じゃが、

うーむ。これは微妙じゃなぁ。天羽氏の記事に対して、池田氏が過敏に反応しとる様にも思えるし、天羽氏の記事も根拠が弱いと思うしのぅ。

じゃぁ、ってことであらきけいすけの雑記帳の該当記事を読んでみたんじゃが、こりゃひどいの。わしは実業務でベンチマーク試験を担当しとって、特にスパコンではなく、PCクラスターという技術を用いて、簡単に言うと鯖を何台、何十台、時には何百台と並列計算させるわけじゃが、ハッキリ言わせてもらうとの。

あらきけいすけ氏の記事は現場を知らん、研究者の視点じゃな。

=== 引用開始 ===

ぼくが問題があると考える部分は「目的さえ決まれば、汎用CPUをつなげば速度はいくらでも上がる。」の部分。地球シミュレータが成果を挙げた部分は流体をはじめとする大規模な連続体力学の計算であり、CPUの能力や数よりは、TB単位で発生するメモリ間のデータ転送がハードウェア上の最大のボトルネックとなるし、そこの部分のハードウェア開発とコーディングが問題となる。

=== ここまで ===

わしが実施した体験から言わせてもらえば、大量のトラフィックが発生するタイプのデータなんかを使ったベンチマークじゃと、確かにネットワーク性能やIO処理がネックになることはあるが、やはりCPUのクロック差が一番ダイレクトに効く

HWは少しグレードをあげるとべらぼうに高くなる。コーディング作業は特殊用途かつ限定用途に使う以外の場合ではせん。

ソースをいじって使うということはサポートは諦めんといけんし、ベンチマークを実施しとると結構トラブルは起きる。結局ソースいじって性能あげるよりも、安定稼動とサポートを確保しておいて、長時間RUNさせる方がベターじゃな。

これが現場におるわしの見解。確かに研究者の方は最速を出す為にアレコレするが、それを支援させられるたびに、実用性のない「高価な粗大ゴミ」に思えてしまう。

で、話を戻すと、池田氏が「間抜け」と言った事に関しては、確かに言葉は悪いと思うが言いたい気持ちはわかるのぅ。まぁ、普段から辛口な物言いをしとる人じゃけぇ、違和感はないんじゃが、悪いものは悪い

ということで、最適解を考えてみた。

ここからはわしの妄想劇。

池田氏「あらき君、言葉が悪かったよ、ごめんね。」

あらき氏「ううん、僕ももっと読込んでから書くことにするよ。」

おお、素晴らしい。というか、本当にこれで解決したんじゃなかろうか?

そもそも天羽氏がややこしくしただけな気がするのぅ。

池田氏に物申したいだけなのか?

あらき氏に謝罪してもらいたいのか?

揚げ足とって喜んどるだけのか?

なんてこと言っておったら、わしも実名晒されて訴えられるんじゃろうかの?ないか。

コメントはそれぞれに友好的な人のものが多いが、天羽氏側のふじとい人のコメントはちょっと極端によりすぎとって興ざめする。

みんな仲良うせんといけんよ

これをスローガンに動けば万事解決。

|

« ほほぅ | トップページ | taspo »

コメント

トラックバックありがとうございます。少し状況説明をさせてください。

>山形大学には管理責任があり、池田氏が山形大学にメールを送った行為は正当なものじゃろう。

 それが、「教員個人の開設したウェブページの法的責任は教員が負う」が大学の公式回答なんです。大学の規則が曖昧なので、この間総務課に問いただしたら文書で回答が出てきました。
 実は、神戸の会社を別件で訴えてまして、その請求の維持のために、大学に対してエントリーの一部につき、削除するなという不作為の請求を立てることになりました。これに対して、山形大学は「山形大学は当該blogを製作していないし、山形大学のウェブサイト上にも存在しない」と主張しています。大学の代理人が裁判官の前で主張しているわけですから、これほど公式な主張も無いと思います。
 つまり、管理責任どころかそんなblogはそもそも知らん、というのが大学側の公式回答なんです。
 大学の責任と発信者の責任は、今後切り分けていく必要があると考えていますので、そういう弁論をすることになると思います。いろいろ忙しくて、まだこの件については詳細を公開できていないのですが、現状はこんな感じです。

 また、池田氏は、「ネット上で匿名で批判する行為」を批判しています。そうであるならば、実名で批判を行っている人物に対しては、その人物に全責任を負わせるのが論理的に一貫した姿勢ではないでしょうか。まさか、「匿名ではなく実名で批判すれば、気に入らない批判の場合は批判者の周囲に簡単に圧力をかけ放題で便利だから」が本音じゃないですよね?いくら何でも……。


>そもそも天羽氏がややこしくしただけな気がするのぅ。

 ただ、「虚偽の理由に基づいて削除要求をし、要求が通らないなら大学に圧力をかけるとあらかじめ予告をする」という行為はどうかと思います。

投稿: apj | 2008年2月 1日 (金) 01時29分

>大学の規則が曖昧なので、

大学の規則に従うものならば、大学に管理責任があることになるけどね

「大学と私の権利義務関係に関しての大学の認識が曖昧だったので、」の間違いでしょうか?

投稿: するっと | 2008年2月 1日 (金) 08時36分

コメントありがとうございます。

天羽氏
>それが、「教員個人の開設したウェブページの法的責任は教員が負う」が大学の公式回答なんです。

該当ブログが「山形大学のドメイン」の外にあるならそうじゃろうが、内側にある場合、それは通らんじゃろう。
「山形大学のドメイン」は「山形大学の管理物」なわけじゃし、その内側で何してようが、それは個人の責任でわたしゃ(山形大学)知りません。なんてのが通るわけがない。

>大学の代理人が裁判官の前で主張しているわけですから、これほど公式な主張も無いと思います。

本来ならばそうなんじゃが、悲しいかな、裁判官のITに対する無知っぷりくらい天羽氏も知っとるじゃろう?
ついでにいなら、「山形大学は「山形大学は当該blogを製作していないし、山形大学のウェブサイト上にも存在しない」と主張しています。」なんて言う人のITに関する発言なんぞ、信用できん。
よう考えてみぃ。
・山形大学は当該blogを作成していないしって作成せずとも管理責任は発生し得る。
・山形大学のウェブサイト上にも存在しないって、じゃぁドメイン内は?この人が言うとる「ウェブサイト」というのはHPのことじゃろう?管理責任はドメインに対して発生する。
それに上記の発言が正しいなら、
天羽氏はなんで大学に要求なんて出したんじゃ?

というのがわしの主張なわけなんじゃが、いかんせん調査不足じゃな。

>また、池田氏は、「ネット上で匿名で批判する行為」を批判しています。

これは池田氏言うところの「ネットイナゴ」じゃろう。それはたぶん「ネットで匿名で批判する行為の人」よりは小さいと思うんじゃが。これはちょっと池田氏にメールして、どのように考えておるのか、わしの見解が正しいのか聞いてみようかの。

とりあえず、今回の問題は天羽氏からではなく、あらき氏から出るべきであって、天羽氏がお節介を焼いたのがややこしくなった原因と考えとる。

するっと氏
>大学の規則に従うものならば、大学に管理責任があることになるけどね

わしはなんか大学が無責任っぷりを発揮しとるんじゃないかと思えてきました。

うーむ、長うなってしもうたが、わしのブログじゃけぇ、ええか。
次は1個づつに焦点を当てて記事にすればもっと分かりやすくなるかのう?そのときは協力お願いします>池田氏、天羽氏

投稿: せろ爺 | 2008年2月 1日 (金) 12時50分

はじめまして。
そうですか。あらきさんのスパコン論は「ひどい」ですか。
ここで 思考実験的な質問です。
『このエントリは名誉毀損なので削除してください。削除されない場合は勤務先に その旨申し上げます』
というメールが来ました。「事件の推移に対する意見」や「かもしれない」もNGだそうです。
この種の言論封殺にどのように対抗すれば良いでしょうか。

という冗談は措いといて、
せろ爺さんのスパコン論は興味深く読ませていただきました。池田さんとあらきさんは、そういう部分の議論を深化させて欲しかったなあ、と思いました。本当にそう思ってます。
全くの勝手な希望ですが、せろ爺さんのスパコン論の正しさを検証する為にあらきさんのブログエントリにコメントしてみては いかがでしょうか。
議論が面倒くさい場合には、トラックバック等送るなどしたほうがネットがより豊かになると思います。

以上、乱筆乱文失礼しました。

投稿: レフ | 2008年2月 1日 (金) 21時41分

ドメインの管理責任とか、通り一遍な回答しか出来ない人は、「学問の自由」とか「大学の自治」について勉強した方が良いと思います。

投稿: Beyond | 2008年2月 1日 (金) 21時52分

そういうのは「理念としての大学」の一つであって、現実の大学のあり方とは異なりますよ。
例えば、「学問」から懸け離れたエントリーが続々と挙がっている大学サイトがあるようです。

投稿: するっと | 2008年2月 1日 (金) 22時33分

追記です

>「学問」から懸け離れたエントリーが続々と挙がっている大学サイト

それだけの話なのであれば、別に問題はないんだけどね

投稿: するっと | 2008年2月 1日 (金) 23時08分

コメントありがとうございます。

サクっと回答

レフさん
>そうですか。あらきさんのスパコン論は「ひどい」ですか。
わしの意見としてはじゃがの。最後の方に言い訳がましく書いとるが「現場の意見」であることをご理解頂きたいのぅ。

>ここで 思考実験的な質問です。
わしの回答としては、指摘された記事のどこが「名誉毀損」なのかの説明を求める。相手の意見が正しいと思えば、削除せずに記事中に修正と謝罪文を掲載。「事件の推移に対する意見」「かもしれない」もNGであるなら、もちろん修正、謝罪。
なぜなら相手の削除要求も多様な意見のうちじゃからのぅ。その意見を聞き、自分の意見を修正していくことは結構大事じゃと思うとる。わしがへたれなのはよう分かっとるしの。

>全くの勝手な希望ですが、せろ爺さんのスパコン論の正しさを検証する為にあらきさんのブログエントリにコメントしてみては いかがでしょうか。
それを実行するにはわしのスパコンに対する知識が足らんのでご容赦を。
ただ、先の「ひどい」発言は、わし自身がグリッド技術を研究しとる関係もあり、「グリッドの方がスパコンよりも、より人々の生活を豊かにする」と思っておるからじゃ。
技術は人の生活を豊かにしてナンボじゃろ?
そこを無視して技術を語るのはどうじゃろうな?

Beyondさん
>ドメインの管理責任とか、通り一遍な回答しか出来ない人は、「学問の自由」とか「大学の自治」について勉強した方が良いと思います。
この話は「池田氏が大学宛にメールを送ったこと」が「筋が通っている」という主張の根拠としてあげたものなんじゃが。
そういうのは割りと通り一遍な回答にならんかのぅ?
「大学の自治」があったとしても社会的に通用せんもんは通用せんじゃろう。

するっとさん
>そういうのは「理念としての大学」の一つであって、現実の大学のあり方とは異なりますよ
それでも理念を掲げて前進せんといかんとわしは思う。

投稿: せろ爺 | 2008年2月 2日 (土) 00時30分

少なくとも、その理念が妥当か、どうかについては様々な立場があるでしょう。理念は人それぞれです。他人に「勉強せよ」という言い様があまり適当な対象ではない。

投稿: するっと | 2008年2月 2日 (土) 08時49分

迅速な回答ありがとうございました。
>思考実験
えーと、削除要求側の主張が正しい場合は思考の余地がないので、削除要求側の主張が不当な場合を考える思考実験だったのですが、当方の言葉が足りなかったようです。
まあ、自由回答で正答は無いし、要求される側の立場にも依りますが。(例えば「オッス、オラ無職」には無効)

>コメント トラックバック
これはせろ爺さんの自由ですので仕様がありません。読み手として、どちらが正しいのか保留するだけです。
//
さて
お暇があれば、おつきあいください。思考実験です(ラスト)。
どうも間違った事・許されないコトが書いてあるサイトがあります。せろ爺さんは抗議のメールを送りました。
どの対応が望ましいでしょう。3択。
1 無視
2 そのサイトによって編集されたメール内容をサイト上で公開される
3 メール全文公開

補足 「サイトがせろ爺さんの要求通りにした」という4番目の回答は無しです。最初の思考実験と同じく"対立してる場合"を考えているのですから。
私は3だと思っているのです。

以上、乱筆乱文失礼しました。

投稿: レフ | 2008年2月 3日 (日) 00時47分

コメントありがとうございます。

するっとさん
>理念は人それぞれです。他人に「勉強せよ」という言い様があまり適当な対象ではない。

同意。わしも思うが人に言われてする勉強、言われなきゃしない人は、言った結果も言わなかった結果も結局大差ないじゃろう。

レフさん
>お暇があれば、おつきあいください。思考実験です(ラスト)。
わしも3じゃろうと思う。しかし、同意はとらねばいかんと思う。もし、同意が得られなかった場合は仕方ないのぅ、諦めるしかないじゃろう。
まぁ、わしの場合は0番目の回答として、「抗議メールなんて送らない」。
>どうも間違った事・許されないコトが書いてあるサイトがあります。
ここなんじゃが、間違った事を指摘するほど、わし偉くないしのぅ。
許されない事も、わしが決めることじゃないしのぅ。
あ、5番目の回答「自分のブログで記事にしてTB送る」。

といったあたりでどうじゃろう。

投稿: せろ爺 | 2008年2月 3日 (日) 10時12分

ども。
迅速な回答ありがとうございました。
おそらく、この件についてはラスト投稿です。

>ここなんじゃが、間違った事を指摘するほど
まあ、自分について無視できない悪口(又は事実誤認)があったとでもお考えになってください。

蛇足 最初の思考実験に対する私の判断は
「ネット発言と職業のどちらが大事かと言われたら 職業なので、削除要求主の要望に従ってしまう」
を選択してしまうでしょう。ケースバイケースですが。
ただ削除要求主の行動を正しく思わないのは言うまでもありません。

以上、乱筆乱文失礼しました。

投稿: レフ | 2008年2月 4日 (月) 03時52分

両方見てたけど、こんな感じかな。

池田ブログは合いも変わらぬ「規制緩和」の新自由主義の古い音楽を、いろんな変奏でやってるね。ITゼネコン批判は迫力あるけど。あと個々には面白い事がいろいろ書いてある事も多い。興味と教養が広い。ブログとしてはなかなか面白い。言葉付きが刺々しく、性格悪そう。


唖耄ブログは、熱心で正義感は感じられる。ちょっと大学准教授にしては知的キャパシティ不足。無教養、視野が限定されてる。まあどうでもよいマイナーな訴訟を巡っての無意味な言説の堆肥。自己中心的で社会的なモラル感の奇妙な欠如。不寛容。全然面白くない。

投稿: ぶりぶり | 2008年2月 4日 (月) 04時48分

大学掲示板の管理に関するapj氏の法的見解は

http://www.i-foe.org/h19wa1493/sanka/junbi20071225.html

の中の「第2 請求原因の追加」にあります。因みに、問題となっている大学掲示板の書き込みは

http://www.i-foe.org/h19wa1493/suitor/k04.html

投稿: するっと | 2008年2月 4日 (月) 09時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと整理してみよう:

» 壇俊光氏への公開質問状 [室井健亮(AGLA)の「真・弁護士」日記]
あっら〜〜 いよいよここじゃなくて、悪マニさんトコのネタになるのか……(遠い目)。 京都大の学歴を自慢したってやることがマルチじゃなぁ……。まあ、あの自費出版批判本をみた限り、ダウンの人々が法律を遵守したまともな宣伝をすることなんざ期待できないわけだが。 ... [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 23時05分

« ほほぅ | トップページ | taspo »