« 新年 | トップページ | お絵かき »

qmailの設定

天気:晴れ ええ天気じゃなぁ

今日はちとqmailの設定を備忘録として、書いておくかの。

物忘れが激しいしのぅ、最近・・・

いくど!

●qmailの設定●

・まずはソースをGETせんとな

 ソース入手先

http://www.qmail.org/netqmail-1.05.tar.gz
http://ftp.nlc.net.au/pub/unix/mail/qmail/qmail-date-localtime.patch
ftp://cr.yp.to/ucspi-tcp/ucspi-tcp-0.88.tar.gz
http://keihanna.dl.sourceforge.net/sourceforge/vpopmail/vpopmail-5.4.10.tar.gz
http://www.inter7.com/devel/ezmlm-0.53-idx-0.41.tar.gz
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/qmailadmin/qmailadmin-1.2.8.tar.gz

そんで適当なディレクトリに保存っと。

  ソース保存先 :/usr/local/src/
 
・したらコンパイルしてインストールする
wget [URL] (コマンドでソースをDLする方法)
   ↓
tar -zxvf [解凍前ファイル名] (tar.gz拡張子の圧縮ファイルを解凍)
  ↓   (ucsp~~、netqmail~~)
cd netqmail-1.05 (解凍したnetqmail-1.05に移動)
   ↓
./collate.sh (パッチをあてる)
  ↓
cd netqmail-1.50
  ↓
patch -p1 < ../../qmail-date-localtime.patch (localtimeにあわせるパッチをあてる)

・そんで実行する為のユーザーを作成する
mkdir /var/qmail (シェルユーザーを格納するディレクトリ作成)
   ↓
groupadd nofiles (グループ作成)
   ↓
useradd -g nofiles -d /var/qmail/alias -s /bin/false alias (alias作成)
  ↓
useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmaild

(qmaildというユーザー作成、同様にqmaill,qmailp作成)
   ↓
groupadd qmail (グループ作成)
   ↓
useradd -g nofiles -d /var/qmail/ -s /bin/false qmailq

(qmaildというユーザー作成、同様にqmailr,qmails作成(d.l.p.q.r.s))
(/bin/falseはシェルを実行させなくする為)

・いよいよqmailのビルド
make setup check
   ↓
./config-fast www.ksknet.net

tcpserverのインストール
cd /usr/local/src/ucspi-tcp-0.88
   ↓
patch -p1 < ../netqmail-1.05/other-patches/ucspi-tcp-0.88.errno.patch
   ↓
patch -p1 < ../netqmail-1.05/other-patches/ucspi-tcp-0.88.a_record.patch
   ↓
make
   ↓
make setup check

vpopmailのインストール
groupadd vchkpw (まず、グループとユーザーの作成)
   ↓
useradd -g vchkpw -s /bin/false -M vpopmail
   ↓
mkdir /home/vpopmail
   ↓
chown vpopmail:vchkpw /home/vpopmail  (所有者を変える)
   ↓
mkdir /home/vpopmail/etc
   ↓
chown vpopmail:vchkpw /home/vpopmail/etc
   ↓
tar -zxvf vpopmail-5.4.10.tar.gz
   ↓
cd vpopmail-5.4.10
   ↓
./configure --enable-roaming-users=y --enable-relay-clear-minutes=10
   ↓
make
   ↓
make install-strip

=== オプション解説 ===
--enable-roaming-users=y

POP before SMTP認証を行う為

--enable-relay-clear-minutes=10

relayがclearされる間隔を10分にする(デフォルトでは180分)
====================

qmailの起動スクリプト作成しとくか
cd /var/qmail
   ↓
vi ./rc (起動スクリプト作成)
   ↓
chmod 755 ./rc (実行権限を与える)
=== rcの中身 ===
#!/bin/sh

# Using splogger to send the log through syslog.

# Using qmail-local to deliver messages to ~/Mailbox by default.

exec env - PATH="/var/qmail/bin:$PATH" qmail-start ./Maildir/ splogger qmail
===============

stmpとpopの起動スクリプト作成
vi /etc/rc.d/init.d/qmail
   ↓
chmod 755 /etc/rc.d/init.d/qmail
   ↓
chkconfig --add qmail (サービス起動・停止ができるよう登録)
=== qmailの中身 ===
#!/bin/sh

#

# chkconfig: 345 99 99

# description: qmail & vpopmail startup script

#

PATH=/var/qmail/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin

HOSTNAME=`hostname`

QMAILDUID=`id -u qmaild`

QMAILDGID=`id -g qmaild`

[ -f /var/qmail/rc ] || exit 0

case "$1" in

start)
echo"Starting qmail."

csh -cf '/var/qmail/rc &'

#FOR SMTP

tcpserver -H -R -l $HOSTNAME -v \

-x /home/vpopmail/etc/tcp.smtp.cdb -u $QMAILDUID -g $QMAILDGID 0 \

smtp /var/qmail/bin/qmail-smtpd 2>&1 | /var/qmail/bin/splogger \

smtpd 3 &

#FOR POP3

#envdir /etc/relay-ctrl relay-ctrl-chdir

tcpserver -H -R -l $HOSTNAME -v 0 pop3 \

/var/qmail/bin/qmail-popup $HOSTNAME \

/home/vpopmail/bin/vchkpw /var/qmail/bin/qmail-pop3d Maildir 2>&1 |

/var/qmail/bin/splogger pop3d 3 &


touch /var/lock/qmail

;;

stop)
#Stop daemons.

echo "Shutting down qmail."

PID=`/bin/ps -aefw | grep qmail | awk '{print $2}'`

if [ ! -z "$PID" ] ; then

/bin/kill ${PID} 1> /dev/null 2>&1

fi

rm -f /var/lock/qmail

;;

*)
echo "Usage: $88qmail {start|stop}"

exit 1

esac

exit 0
===============

vadddomainコマンドでドメインごとのマスターパスワード設定
/home/vpopmail/bin/vadddomain ドメイン名 (ドメイン指定)
   ↓
password設定 (パスワード設定)

ezmlmのインストール
tar -zxvf ezmlm-0.53-idx.0.41.tar.gz
   ↓
make
   ↓
make setup

qmailadminのインストール
tar -zxvf qmailadmin-1.2.8.tar.gz
   ↓
./configure --enable-autoresponder-path=n

(autoresponderを入れてないのでnを指定)
   ↓
make
   ↓
make install-strip

おまけ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 qmail-send:SMTP接続を受け付けるデーモン
 qmail-lspawn:ローカル配送用
 qmail-rspawn:SMTP配送用

 qmailadminへのアクセスはブラウザから
 http://ホスト名/cgi-bin/qmailadmin

まぁ、こんなとこかの。

注意)これをコピペして設定するんは自由じゃが、自己責任での。一応わしはこれで動かしたが、保証はせん。

|

« 新年 | トップページ | お絵かき »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: qmailの設定:

« 新年 | トップページ | お絵かき »