« バイオ燃料 | トップページ | 著作権の光は途絶えていなかった »

大事な事は表にでない

天気:曇り

明日からは雨かぁ、梅雨じゃなぁ。

なんぞ日銀人事を野党が、再び拒否したみたいじゃなぁ。

でも、まてよ、これ、変じゃないか?

池田教授のブログによると

=== ここから ===

きのう政府の提示した8機関23人の人事案のうち、日銀審議委員の池尾和人氏と預金保険機構理事長の永田俊一氏(再任)の提示が見送られた。この2人の人選は見直す方向だという。その理由が「国会内示前に人事案が報道された場合、内示を受け付けない」という与野党合意だというからあきれる。

=== ここまで ===(太字はわし仕様)

ということで、事前に外部に情報の漏れた2人は拒否したみたいじゃな。で、この2人の事をわしは知らんのじゃが、

=== ここから ===

池尾氏は私の古い友人で、年齢も出身地も同じ(京都の隣の高校)という縁で、90年代の金融危機のころNHKの番組によく出てもらった。彼は「不良債権処理を先送りするな」と一貫して主張し続けてきた(そのころの銀行局審議官が永田氏)。別につきあいが長いからいうわけではないが、池尾氏は日本のファイナンス学界のエースである。

=== ここまで ===(太字はわし仕様)

どうやら能力的には十分な人材のようじゃなぁ。で、政府の犬もしくは財務省の雛というわけでもなさそうじゃな(もしそうなら池田教授はそのへんのことも書くじゃろう)。

ということは、民主党にとってこれに反対するメリットは無い。むしろ反対するデメリットの方が圧倒的に大きいんじゃないか?

現に池田教授も「日銀人事を政治のおもちゃにするな」というとるぐらいじゃけぇ、見識のある人から見れば、民主党はアンチ自民党にしか見えんじゃろう。そして、それは国民にも伝染するじゃろうな。

賛成した場合は、「適切な人選に同意」とかいう具合に賞賛されそうじゃし、自民党の影響力も削げるじゃろう。

うむ、どう考えても反対する方が損じゃな。その程度の計算もできんことはないじゃろう。じゃぁ、民主党が反対した理由を見て考えようかの。

「国会内示前に人事案が報道された場合、内示を受け付けない」という与野党合意

ふむ。まぁ、ルールに則ったわけじゃな。ん?待てよ

(´・ω・`)国会内示前に人事案が報道された場合?

( ´゚д゚`) リークかよぉぉぉぉぉぉおおおおおお!

これはつまり、漏らした奴がおるということか。さて、これは日銀人事じゃからわしが漏らした可能性は0。

というか、与党側から漏れたと考えるのが自然じゃろうなぁ。なら、与党のリークによるメリットとデメリットを考えてみようかの。

メリットとしては民主党のデメリットそのものじゃろう。民主党にはロクな頭がないと有識者に思わせ(事実がどうかは知らんが)ることができるし。国民にも民主党はただのアンチ自民で期待できないと思わせられるのぅ。選挙が有利に!

デメリットはなんじゃろうな。わざとリークしたことがバレたら支持を失うのぅ。あ!もう支持なんてなけぇ関係ないんじゃな!このままいってもジリ貧。それなら博打うってもリスクは小さいの!(過去の遺産で喰っとるだけじゃしの)

ん~。これなら与党がこういう政略を取る可能性は十分あるように思えるのぅ。

まぁ、どちらにせよ、まずはやる事をやってもらわんとなぁ。

何故、国会内示前に報道されたのか?

これを解明せんと、なんとも言えんのぅ。

|

« バイオ燃料 | トップページ | 著作権の光は途絶えていなかった »

戯言」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
はじめまして。

『ときどきLOGOS』の鳥居正宏と申します。
本日は、トラックバックをいただき、ありがとうございました。
御記事を興味深く拝読させていただきました。

今後とも、何とぞよろしくお願い申し上げます。

鳥居正宏 拝

投稿: 鳥居正宏 | 2008年5月28日 (水) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502438/21243031

この記事へのトラックバック一覧です: 大事な事は表にでない:

» ネット規制、今国会成立へ〜政府主導の規制には絶対反対の声を! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 読売新聞が、紙版で、自民党と民主党が、28日、いわゆる有害サイトへの子供の接続を制限することができるフィルタリングサービスの導入を携帯電話会社に義務づけることを柱とするネット規制法案を今国会で成立させる方針で合意したことを伝えている。合意内容は明確ではないが、仮に自民党案の政府主導のネット規制が導入された場合、いずれ、冒頭に掲げたような規制にまで拡大されるおそれがある。自民党案への妥協を許さないように、民主党議員に働きかける必要がある。ネットの自由を欲する全ての人がこの週末に両党に政府主導の規制に... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 07時32分

« バイオ燃料 | トップページ | 著作権の光は途絶えていなかった »